映画『ウルトラミラクルラブストーリー』

今夜の映画の一本目は09年公開、松山ケンイチ主演の『ウルトラミラクルラブストーリー』。助演女優に麻生久美子。横浜聡子監督。



■強烈な津軽弁についてこい

相当に松山ケンイチの演技力に頼るところの大きい構成。これまでも破壊的なキャラクターを重ねてきた松山だからこそ、観る側の我々も受け入れることができる。そんな綱渡りのキャラクター設定だった。

作品名については、まず『ラブストーリー』。これは『愛』ではなくて『恋心』と解釈した方がいい。

また『ウルトラミラクル』についても、そこまで刺激的なミラクルなストーリー、撮り方をしているわけでもありません。とは言っても松山ケンイチ演じる陽人の中では、ウルトラミラクルな愛が進行中ということ。
このあたりはじっくり見守ってあげたい。

青森市出身の横浜監督とあって、麻生久美子を除いてはオール津軽弁での構成。わからない台詞もあったけど、逆にわかる台詞が多かったということは相当ライトにかみ砕いてくれたのでしょう。

展開を整理するのは難しくないし、それでいてトリックもなかなか魅力的。ただし、ストーリーよりも松山ケンイチの演技が見物だと思う。
彼の中で、ある”スイッチ”のオン/オフが重要になってくるんだけど、しっかりと視聴者にわかるようにスイッチを調整してくれるから何とかついていけた。

評価は★★★★☆。

松山ケンイチに★1個分プラス。

関連記事