映画『青の炎』

今日は二宮和也主演の『青の炎』を鑑賞。監督は蜷川幸雄、原作は貴志祐介の同名小説。



■全てが驚きなしな事に驚いた

まず、最初に感想を言っておくと、面白くなかった。
ストーリーも特にドキドキ感があるわけでもなく、予想通り淡々と終わる。
音楽も単調。場面の切り方もぶつ切りで雑。
役者も二宮が特に良いわけでもないし、松浦亜弥は「キミは…」としか言わない。

感電死の部分だけは少しドキドキしたけど、本当にそこだけ。
舞台が江ノ電周辺なんだけど、実際にあの道を自転車で走って、トンビを見上げたことがあるからそこはノスタルジーを感じたかな。

評価は舞台に★プラス1で★★☆☆☆。
観るのが億劫になるとまではいわないけど、金を払って観るものじゃないわな。


スポンサーリンク