映画『輪廻』

怖がりの僕はあまりホラーを観ないのですが、映画『輪廻』(06年)を二晩かけて鑑賞しました。というか、CATVから録画してあったので観はじめるまでホラーだと知らなかったのですが……。

主演は優香。監督に清水崇。

■映画の中で映画を撮ろう

この映画は実際(作品内の)に起きた無差別殺人事件を元に映画を撮ろうと松村(椎名桔平)がメガホンをとる部分が主。
映画の中で映画を撮っているのを観るのは不思議な気分で、また撮影現場のシーンも多いので、映画ってこうやって撮っているのかと勉強できた部分も多い。

内容に触れると、僕は前述の通りホラーに免疫がなく、また頭の回転も悪いので、ストーリーの飲み込みは不十分。最後の方はよくわからなかったので、ネットで解説を観た。

なるほど、ラストシーンはそういう意味だったのか。流れや背景がわかって満足。

怖さという点では、アマゾンでこそあまり評価されていないものの、僕は十分怖かった。
製作側が施す「怖いだろう」アピールに素直にビビってしまった。でも、他者の評価では本作においてその類のアピールは他の駄作に比べて弱いという。

ホラー好きの人もぜひ。

■優香が凄いゾ

僕にとってはホラー鑑賞の一歩を踏み出せたので収穫。
とにかく優香がすごい。タレントとしてののほほんとした表情は一変して、狂気を演じるシーンは間違いなく国内超トップレベル。

評価は★★★★☆。

怖かった。

優香
2014-06-25


スポンサーリンク