映画『UNLUCKY MONKEY』

昨日は映画『UNLUCKY MONKEY』を鑑賞。以前レビューした『ポストマン・ブルース』と同様、SABU監督と堤真一のタッグである。

■観たことが最大のアンラッキー

テンポ良く展開して飽きさせなかった『ポストマン~』とは異なり、内容的にはかなり物足りなかった。ただ単にドンパチしたかっただけ?という感じ。キャラクターの設定とかも全てが中途半端であり、無駄だった。

恐らくは堤真一を含んだ主要人物のアンラッキーぶりを描きたかったのだとは思うけど、そもそもそれはアンラッキーではなく、必然の報い。
作中で「どうして俺が…」というものがあるけど、同情できないし、したくもない。

結局描きたかったのはアンラッキーの過程や顛末なのか、人を殺めた人間の精神状態だったのか、ここでは知る由も無い。
キャストは例によって堤真一のほかにも若き日の大杉漣、寺島進が出ていたが使い方がこちらも中途半端。

正直、星1つに限りなく近い★★☆☆☆。

スポンサーリンク