映画『許されざる者』〜部落差別の執念に興ざめ〜

2013年の映画『許されざる者』を観ました。

李相日監督、渡辺謙、柄本明、佐藤浩市。

許されざる
スポンサーリンク



バランスが良くない

クリント・イーストウッドのオリジナルの西部劇をリメイクした作品である。

なお、オリジナルは知らないので単純にこの作品だけを見た感想。

久しぶりにがっかりする映画だった。
2時間あまりの再生時間だったが、1時間過ぎから早送りで再生。

設定が僕の苦手な近代であったのを差し引いても非常につまらない作品だった。

賞金稼ぎに馳せ参じる十兵衛(渡辺謙)の動機付けが薄い上に、警察署長(佐藤浩市)側を敵役として存在させることに意味を見出せない。

主人公の障壁となる存在にしたかったのだろうが、それならばもっと主人公側を殺し屋チックに描いてもよかった気がする。

女郎や途中で加わる五郎(柳楽優弥)の在り方含めて、テーマの設定と強調の仕方に作り手側の気持ち悪いくらいの執念が見えて、それは言い換えれば巣食う差別意識、あるいは被差別意識だと僕は思う。

アイヌの部落差別について描きたかったのはわかるが、あまりフィーチャーしすぎると逆に興醒めしてしまう。

IMG_3703

▲柳楽優弥が演じる五郎という青年が本当に無理でした (C)2013 Warner Entertainment Japan Inc.

余談だが、柳楽の演じる五郎という青年は、身なりや顔つきから笑い方、話し方まで全てが生理的に受け付けなかった。何か渡辺謙と北海道の大地の緊張感に水を差していると言うか。

柳楽優弥の演技どうこうの問題ではなく。

レビューを見ると、西部劇のオリジナルを同時代の北海道に落とし込んでいる秀作という意見が多い。

オリジナルを知っていれば、確かにそれを刀と残党に置き換えて雄大なリメイクという見方ができるかもしれない。

ただ、殺し屋としてのジレンマを抱えながら馬に乗る十兵衛とその仲間たちの描き方に僕は疲れたし、上で述べた部落などのストイックな描写と、十兵衛たちが賞金稼ぎに向かう境遇の雑さのバランスが悪かった。

殺陣シーンは良かったが、そこまで興味の糸を継続していなかったのも事実。

役者で言うと、佐藤浩市と渡辺謙は良かったが、國村隼と滝藤の闖入者たちはもっと滑稽に描いても良かったのでは。

時代錯誤の侍崩れはね。

この作品、僕は、好きではなかった。

★☆☆☆☆。

 

スポンサーリンク