映画『みんな!エスパーだよ!』感想〜少年の妄想を映像化〜

タイトル画像

園子温監督の『みんな!エスパーだよ!』を渋谷にて鑑賞しました。

テレビ東京で放映していたドラマは断片的に観たことがある程度。

主演の染谷将太を始め、真野恵里菜マキタスポーツ安田顕神楽坂恵深水元基柄本時生といったキャラクターもドラマ版に引き続き出演。

とはいえ、映画の前半部分はナレーションを交えながら鴨川嘉郎(染谷)がエスパーとして目覚めていく様子を描いていて、この辺はドラマの視聴者層には蛇足かもしれない。

あらすじ紹介

突然人の心の声が聞こえるようになった高校2年生の鴨川嘉郎。同じ頃、人類滅亡を企む悪のエスパーが「世界エロ化計画」を始動させた。超能力研究者の浅見教授は、嘉郎や同じく超能力に目覚めたエスパーたちを招集し、彼らが超能力に目覚めた事実と、迫りくる世界危機の阻止を命じるのだが、嘉郎たちの能力はエッチなことにしか発動できず……。

出典:映画.com

スタッフ、キャスト

監督 園子温
原作 若杉公徳
脚本 田中眞一、園子温
鴨川嘉郎 染谷将太
平野美由紀 池田エライザ
浅見紗英 真野恵里菜
永野輝光 マキタスポーツ
榎本洋介 深水元基
矢部直也 柾木玲弥
ヤス 柄本時生
秋山多香子 神楽坂恵
浅見隆広 安田顕

舞台は宇宙の片隅にある地球の片隅の、日本の片隅のそのまた片隅の東三河の片隅。

まあ豊橋ですね。

チープなテロップとゆるくないゆるキャラを交えつつやたらと豊橋を推してくるが、同じく豊橋地区を舞台とした『ちゃんと伝える』をもそうでしたね。

園子温監督の出身が豊川であり、『ちゃんと伝える』登場していた渡し舟は本作でも目立っていた。



エロガキの天国

この『みんな!エスパーだよ!』は(元)エロガキによるエロガキのためのウフーンでアハーンなエッチな映画。エロの映画ではなくてエッチな映画。

『愛のむきだし』よりも『中学生円山』よりもど直球でエッチでした。

内容はひたすら男子中学生の妄想を具現化したかのようなくだらなさ。

作品内に出てくる女性は漏れなくグラマーというエロガキにとっての楽園。大体が白い下着というのは園子温監督の趣味ですかね。

PG12なので脱ぐことはないけどこのグラマラスの園、半端なかったです。

エンドロールで確認できた女神たちはこちら。

・真野恵里菜
・池田エライザ
・神楽坂恵
・冨手麻妙
・清水あいり
・今野杏南
・星名美津紀
・篠崎愛
・星名梨華
・高橋メアリージュン
・サヘル・ローズ
・柴小聖
・岡村いずみ
・サイボーグかおり

他にもたくさん水着や下着の女性が出てくるけどエキストラのようです(参照)

鑑賞した男どもは奥が硬くなる人も多かったかと思いますが、個人的には清水あいりと今野杏南の二人はやばかったですな。

池田エライザ奮闘中です!

まあこれだけ男子中学生にとっての楽園が広がっているので必ず誰かはそそられる人がいると思います。

劇場の入りは30人くらいだったかな。
後ろで見てたので出入りが見えたけど一時間しないうちに出て行っていた人が三人いた。

無理な人は無理なのかもしれません。

大スクリーンで大きなおっぱいと爽やかなパンチラと染谷将太たちの屹立を鑑賞するだけの立派な作品。

「みんな!エスパーだよ!」訂正しましょう。「みんな!エロガキだよ!」

ドラマ視聴層には夏帆が出ていなくて残念かもしれないけど池田エライザ、とっても良かったですよ。

見終わった帰り道は街行く人のスカートの長さが否が応にも気になってしまいました。

関連記事

映画見るならAmazon Prime Video