映画『神さまの言うとおり』ネタバレ感想〜続編は果たして?〜

映画『神さまの言うとおり』を見てきました。
原作はコミックス。主演に福士蒼汰、三池崇史監督。

退屈な日常を嘆く高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の前に現れたダルマ。映画のキャッチコピーとなっている「ダルマさんが、殺した」そのままに、ダルマさんが転んだに合わせて動いたクラスメイトを次々と殺していく。

原作を知らないので、どんどん人が死んでいく作品というくらいしか予備知識はなかったが非常に面白かった。

このような作品の場合、観客が白けてしまうと評価が下がると思うんだけども、人間関係の繋がりや恋愛感情、友情を最小限に省いている。



『神さまの言うとおり』のスタッフ、キャスト

スタッフ、キャスト

監督:三池崇史
原作:金城宗幸、藤村緋二
脚本:八津弘幸
高畑瞬:福士蒼汰
秋元いちか:山崎紘菜
天谷武:神木隆之介
高瀬翔子:優希美青
サタケ:染谷将太
タクミ:大森南朋

あらすじ紹介

何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、幼なじみの同級生・秋元いちか(山崎紘菜)と一緒に第2のゲームへと向かう。一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。

出典:シネマトゥデイ

以下、感想部分で作品のネタバレや展開に触れていきます。未見の方はご注意ください。



映画のネタバレ感想

以下、作品のネタバレや展開に触れていきます。未見の方はご注意ください。

ダルマさんが、ころした

描くのはひたすらバトルロワイヤル。それも無差別の。

で、殺し方はいかにもな血しぶきブシャーなわけだけど、『地獄でなぜ悪い』とかと違って胸くそ悪くない。あの作品は現実との境界線が曖昧なところがミソだったから仕方ないけど。

VFX多用、赤いビー玉も多用、大掛かりな各ステージのボスたちの演出とともに、ダルマ、コケシなど伝統的な置きものというのがまたいい意味で気持ち悪い。猫踏んじゃった、かごめかごめとかのBGMもまた然り。

序盤でちんちろりんのシーンがあったので続編があるとすれば絡んでくるのかな?いかにも続編ありげな終わり方だったけど。

狂気の神木隆之介、再び

俳優陣に関してはざっくりと。

福士蒼汰は時折見せる狂気の表情がやばい。
本当にキレたらやばい系の人。

山崎紘菜は『高校入試』に出てたあの子。阪神の藤浪晋太郎選手に似ていませんか…?

優希美青。ただの美少女に終わらせず、淫乱だ色気だと因縁をつけられていた。結構出演シーンが長くて満足。

お兄さんお姉さんに混じってよく頑張りました!

染谷翔太。さすが。そしてモッタイナイ。
染谷をこんな軽々しく扱えるのは三池監督くらいでは。

神木隆之介。SPECのニノマエ十一、狂気を増して再び。出演陣落ち着いてて普通に良かったけど、神木くんが入るとさらに引き締まる。
目のニタリ感とかニノマエを彷彿させます。

演出、脚本がストレートで分かり易かった上に、ストレート過ぎて逆にこちらに伏線を考えさせる印象で面白かった。
あれ?キーマン?と思われた人物が数秒後に死んだり。モブキャラも主要キャラも容赦無く犬死にさせていく無慈悲なところがいい。

人によって好き嫌いは分かれるかもしれないけど、グロが比較的駄目な僕は楽しく笑いながら鑑賞できた。

主人公たちをゲームの中のキャラクターくらいに俯瞰できるといいと思う。

関連記事

映画見るならAmazon Prime Video