映画『綱引いちゃった!』〜綱引き娘たちの奮闘〜

12年の映画『綱引いちゃった!』を鑑賞。
水田伸生監督、出演は井上真央、玉山鉄二ら。

当時予告編を何度も見ていたのもあり、ストーリーは良くも悪くも想定の範囲内。

生真面目な井上真央と、どこか妄想の回路がショートしている玉山鉄二と、笑いをとる渡辺直美。

夫を亡くして一人息子の反抗期に悩む西田尚美がスパイスとして効いていた。

スポンサーリンク



大分ご当地映画としては寂しい

これまでのレビューでもいくつか紹介してきましたが、本作も地方都市のPR映画でしょう。ジャンルとしては。

『書道ガールズ』にとてもよく似た構図だった。

玉鉄が強烈(C)2012「綱引いちゃった!」製作委員会

前述したように西田尚美のエピソードは時間も割いていてとても良かったんだけど、他のメンバーたちの描写がいろいろ背負っていそうというニュアンスを出しつつも、それだけで満足してリアルに伝わってこなかった。

浅茅陽子さんの伏線を張ったエピソードなんて、もう少し丁寧に描けると思うんだけども。視聴者の心に訴えかける、共鳴させる部分が弱かった。

井上と玉鉄の発展もないし、潔く綱引きに焦点を絞っているといえばそうなのかもしれないが。

町おこし映画の割には大分市民との作品内での一体感がなかったのも寂しかった。

アイラブ大分とは井上真央の綱引きへのとっかかりに過ぎず、団結力とか一丸とかを謳うテーマからはかなり外れたかな。

とはいっても、綱引きメンバーで出ているソニン(やはりガタイがさすが)をはじめ、井上真央、玉鉄、西田尚美と好きな役者が多く出ていたので楽しめた。

渡辺直美は父親の笹野高史とのシリアスな絡みを見たかった。あのキャラクターだと少し軽薄というか、直美さんに対する評価が損だと思う。

渡辺直美の使い方は?(C)2012「綱引いちゃった!」製作委員会

綱引きというスポーツに込めた
We are the ONEとYou’ll never walk alone.
確かにいいテーマなんだけど、他の良いエピソードが淡白すぎて浮いてしまった。
泥酔した石塚英彦に声を掛けた女(足元だけ映してた)は誰だったんだろう?

意味深な撮り方だったけど明かされず。

評価は★★★☆☆。

スポンサーリンク