映画『ロボジー』〜ロボットから香る人間臭さ〜

一瞬雪がちらついたと思いきや、月が綺麗にくっきりと浮かび上がる静かな夜明け。

お久しぶりの更新は、映画『ロボジー』から。

2012年公開、矢口史靖監督、脚本。主演は五十嵐信次郎名義でミッキー・カーチス。

矢口監督といえばウォーターボーイズやスウィングガールズの印象が強く、真っ直ぐな、ちょっと真っ直ぐ過ぎるほどな、青春作品のイメージがありました。

この作品は白物家電メーカーの「木村電器」に勤める三人のしがない社員が博覧会用にロボット作りを無茶ぶりで社長(小野武彦)に命じられるも間に合わず、博覧会に出展したロボットの実態は…というもの。

導入部は主人公の鈴木老人(五十嵐)の人となりを描くエピソードから入っており、頑固親父の演技や環境面はもちろん、ステテコやワンカップといったディテールにも人間くささがとっても感じられる作りになっていました。

おじいさんのステテコ姿(C)2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

この鈴木老人の描き方がもう少し雑だったらば、僕はこんなにのめり込まなかっただろうし、ロボットという無機質なものと対比させた本作のコントラストがしっかりと道筋づけられたのかなという気がします。

スポンサーリンク



この面白さ、制御不能じゃ

ミッキーカーチス改め、五十嵐さんは確かに見たことのあるおじいさんだったのだけれど、トコトコと機敏な仕草が素敵。

目立ちたがりやな部分は見ているこちらもヒヤヒヤするものの、やっぱり序盤のキャラクター描写が効いているのでそのあたりの暴走ぶりも納得であります。

木村電器の3人も最高です(C)2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

濱田岳、川島潤哉、川合正悟が演じる木村電器のダメトリオぶりも面白い。
ロボットの秘密を抱えながらの葛藤と、「本物」を作ろうと気概だけは見せるところと。

建前と本音が混在した、こちらも人間くささたっぷりの演技でした。

人間くささといえば、機械の匂い、おじいちゃんの匂い、屁をこいた臭いといった嗅覚的な部分もありました。

敵役というものが存在しないこの安心感は、矢口監督の温かさによって成り立っているんだろうなーなんて。

全ての人が踊らされ、最後には笑って一緒に踊る、そんなイメージです。うまく言えないけど。そういえば踊る、というのもこの作品の一つのファクター。

トイレもご覧の通り(C)2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

前述の綿密なキャラクター描写もそうですがとにかくプロットがしっかりしていて、シーンごとに必ず因果がもたらされます。

終盤は早送りに感じられる一方で伏線の回収がそれとなしに行われているから見ている方も回想して飽きさせない。

作品全体を包むイメージとともに伊坂作品っぽさが感じられました。

ウォーターボーイズのノリで見ると本当に印象を覆されます。

キーパーソンの吉高由里子はこれまた面白い役柄で、しかも幼い!可愛い!笑

評価は★★★★★。大当たり。

スポンサーリンク