映画『曲がれ!スプーン』

ようやく仕事から帰ってからの時間をとって映画を鑑賞した。
長澤まさみ主演の『曲がれ!スプーン』。監督は本広克行。



■らしくない、長澤まさみ

長澤まさみは化粧っ気もなく、ラフな役柄。最初出てきた時は誰かわからなかった。
でも、それが味を出しているし、演技もパシリADのやるせなさを感じさせていた。服装も可愛いしね。

でも、この作品で見るべきところは長澤ではないと思うし、演技でもないと思う。
喫茶『念力』に集うエスパーたちの操る能力、そしてエスパーがゆえの苦悩。よそよそしさの中に見え隠れする自尊心。

「念力」の限られた個室内で繰り広げられる彼らのやりとりは舞台劇を見ているようで新鮮で、何より面白かった。
感覚としては『キサラギ』に似ているのかもしれない。

■エンディングで一気に開放

ストーリーが特段優れているわけでも、演技が飛び切り上手いわけでもない。ただ、テーマが夢を見させてくれるものであり、役者さんが上手に引き込んでくれた、そんな感がある。

長澤まさみ以外は正直なところ名前もよくわからない人が多かったが、ドラマ『ドン・キホーテ』で魅力的なキャラ”西ヤン”を演じた三宅弘城をはじめ、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎は総じて良かった。観ていて気持ちが良くなるというか。ヨコシマな部分が出ない綺麗な演技だった。

また、閉じた空間でのシーンが多かった中、エンディングで子供達の表情を次々と切り取っていたのはコントラストが効いていて印象に残っている。

期待を大幅に、大幅に上回るインパクトも味方したにせよ、大満足。先日の『シュアリー・サムデイ』とは異なるスッキリ感を得た。
評価は★★★★★。


スポンサーリンク