映画『シュアリー・サムデイ』ネタバレ感想〜小栗旬監督が生んだ奇跡のキャスト〜

2010年の映画『シュアリー・サムデイ』の感想です。
主演は小出恵介。僕がいまとてもいいなと思う俳優。演技、表情、そして何より声質が素晴らしい。

前から観たかった作品で、今月CATVで放送されていたので満を持して鑑賞しました。

『シュアリー・サムデイ』のスタッフ、キャスト

スタッフ、キャスト

監督:小栗旬
脚本:武藤将吾
喜志巧:小出恵介
真鍋京平:勝地涼
後藤和生:鈴木亮平
北村雄喜:ムロツヨシ
岩崎秀人:綾野剛
葉月美沙:小西真奈美
飯島:遠藤憲一
宮城:横田栄司
巧の父:竹中直人
雄喜の父:モト冬樹
雄喜の母:原日出子
亀頭:吉田鋼太郎

あらすじ紹介

高校でバンドを組む5人組が文化祭中止に抗議するため、爆破予告をして高校を占拠するが、仲間の1人が本物の爆薬を仕掛けたことで大爆発を起こしてしまう。事件から3年後、責任を取って学校を中退した5人は、行き詰った人生をやり直すためにある作戦を思いつく。

出典:映画.com



映画のネタバレ感想

以下、作品のネタバレや展開に触れていきます。未見の方はご注意ください。

豪華な豪華な出演陣

鶴の一声的な台詞が多くて結果的に言えば小出恵介は役柄的に少し残念。

良かったのは相棒役の勝地涼。今まではちょい役でしか見なかったけど、この作品では勝地くんが堂々たる中心にいる。最初は少し大袈裟かなと感じたけど、時間が経つにつれて僕も馴染んできた。
友達を思う男くささが素晴らしかった。動きのキレもあった。

その他の俳優陣は、小西真奈美と綾野剛、鈴木亮平。鈴木亮平はドラマ・全開ガールにも出てたので懐かしかった。
竹中直人は真面目な役をやればやっぱりビシッと引き締まる。

そしてそれ以上にちょい役のそれはそれは豪華なこと。
笹野高史、阿部力、井上真央、妻夫木聡、そして上戸彩。
本当に誰でも良いような役に豪勢なメンバーがずらり。

もうひとり、圧倒的な印象を残す役者がいましたが、ここでは伏せておきます。

軽妙に心地よいテンポ

映画そのものの流れに関してはテンポが絶妙。ストーリーとしては及第点だけど2時間という時間を感じさせないほど歯切れが良い。
回想への入り方や勝地くんの小ネタなどはもちろん、シーンに無駄がなくて台詞がなくとも必ず表情や目線によってストーリーを進めようとしていた。

爆発や拳銃のシーンもためらいがなくて、またありがちな、音がでかすぎるとかいうのもない。感じるとすれば恐怖だけど、これは状況を考えれば正しいこと。

映画全体に広がる音楽というテーマも押し付けがましくなく、爽やかな印象だった。

そこまでネタが表面化しすぎることもないけど、常に遊び心を忘れない作品とでも言えばいいのかな。
監督は小栗旬。エンドロールで見た後にあぁそうだった、と思い出した。
解説で軽部さんも触れていたけど映画への愛が感じられた。
すごく良かったと思います。

あの豪華なちょい役も小栗旬監督なら納得。
「♪ランランランラン ララッララッラ ラッラッランララッラランラン♪」

耳にずーっと残ってる。

関連記事

映画見るならAmazon Prime Video