映画『海街diary』〜家族になるためのプロセス〜

是枝裕和監督の映画『海街diary』を鑑賞しました。

2015年公開。原作は吉田秋生さんのコミック。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆の演じる三姉妹の住む香田家に異母妹のすず(広瀬すず)が四女としてやってきます。
IMG_6632

このキャッチフレーズが素晴らしすぎるんですよね…言葉が一人歩きしないのは、さすが是枝監督というところ。

香田三姉妹は長女のサチ(綾瀬はるか)、次女の佳乃(長澤まさみ)、三女の千佳(夏帆)。父は15年前に家を出ており、母もすでに三姉妹とは生活を別にしています。父の不倫・再婚相手との間にすずが生まれるも母が死去。父の連れ子として陽子(中村優子)と生活しますが、父が他界しました。義母よりも義姉を選んだすずは鎌倉へ向かいます。

IMG_6635

出典:日刊スポーツ

文字で表すよりも相関図を見ると一目瞭然ですかね。日刊スポーツさんから画像を転載させていただきました。

是枝監督の描く家族

『万引き家族』でのカンヌ国際映画祭パルムドール受賞で注目を浴びている是枝監督。

これまでも何本か是枝作品を観ていますが、是枝監督は、ネグレクトを描いた『誰も知らない』、再婚相手家族との距離を描いた『歩いても 歩いても』、赤ちゃんの取り違えを描いた『そして父になる』など繊細な家族問題に踏み込んできました。

やはり『海街diary』も家族の微妙な関係を描いています。父を母から引き剥がした女の娘が異母妹として同じ屋根の下で暮らすわけです。テーマとしてはかなり慎重に扱うべきものですよね。

IMG_6613

▲香田家に来たすずが手を合わせるのは、おばあちゃん。しかしサチたちの母方の祖母なのですずとは血縁関係にありません。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

是枝裕和監督の作品鑑賞録はこちらから

ただ、この作品には悲壮感や閉塞感を補って余りある希望があります。
三姉妹の恋愛、すずの青春、家を守っていくということ、鎌倉の自然、そして笑顔。

物語にヤマもなければ、お涙頂戴の描写もありません。それでいて作品の濃淡がしっかりしているのは脚本とキャスティングのなせるところでしょう。

IMG_6609

▲海街というのは鎌倉のこと。diaryの題名にふさわしく、日々をありのままに描写しています。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

スポンサーリンク



世話焼きの長女・綾瀬はるか

作品の象徴とも言える香田三姉妹&すず。やや男性的な目線かなとは思いつつも、4人の美女が見せるみずみずしい演技は素晴らしかったです。そして何より美しかったです。

それでは長女・サチ(幸・綾瀬はるか演)から見てみましょう。

IMG_6620

▲母(大竹しのぶ)が家を出て、祖母が他界した後は一家の親の役割を担ってきたサチ。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

香田家を時に厳しく律する長女を綾瀬はるかが熱演。妹からは「サチ姉」と呼ばれています。
家を出た母との因縁、自分がしっかりしないといけないという責任感。頑固なサチは作品内で何度も衝突します。キーキーうるさい長女という印象で、すずも心を開くのは一番遅かったですね。

近所で食堂を営む二ノ宮さん(風吹ジュン)が「すずちゃんはよく笑ってみんなの人気者よ」と話すのを聞いたサチ姉の表情は印象的。

私にはそんな笑顔まだ見せてくれたことないのに……!

ただ笑顔の開放は気づかないうちにあっさりと行われます。このあたりは、すずがサチ姉に対して特別な感情はないということ、そしてサチ姉が知らず知らずのうちに薄い壁を周りにつくってしまっていることを物語っています。
真面目で何とかしなきゃという気持ちが隙のなさ、取っ付きにくさに繋がるんでしょうね。
IMG_6616

▲職場(病院)で禁断の愛を育む椎名はサチが甘えられる貴重な存在…と思いきや。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

良かれと思ってやっていることが、実は相手を縛っている。すずを迎えたことに対して周りからとやかく言われるのは、引き取ったことに対してではなく、サチ姉のすずに対する憐れみを周囲が感じたからでは。
自らを捨てた親に怒りを感じつつも、彼女自身も同僚(堤真一)と不倫関係に陥ります。このあたりのジレンマはとても面白いです。
意地っ張りな綾瀬はるかを見ていると意地悪したくなるのは僕だけでしょうか…。困った顔が最高に似合います。

酒だ!飲むぞ!次女・長澤まさみ

次女の佳乃を演じたのは長澤まさみ。
自由奔放、やりたい放題に男と酒をつまむ女…とは言い過ぎかもしれませんが、開始早々、坂口健太郎とのベッドシーンから下着姿を見せつけてくれました。
IMG_6615

▲基本的に露出が多いです。胸元、脚、腕。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

艶かしさを増してきた女優・長澤まさみは、露出が多いです。
ニットもカットソーも少しゆるい感じの服装が多く、開放的な女性という印象を持ちました。とりわけ長い脚にフォーカスするシーンが多かったですね。
作品内で最もダラダラしてるのも彼女なんですが、その倦怠感の中にも女を感じるのは撮り方か、長澤まさみのフェロモンか。こういうところも「男性ぽい」映画と評した理由です。
男と女という関係に一番執着しているのも彼女で、坂口健太郎演じるダメ彼氏と別れてヤケ酒をあおるのは象徴的なシーン。
とりあえずまあよくお酒を飲みます。旅館について第一声が「ビール飲みてぇぇぇ」ですからね…
ただし、お酒を飲むときは飲む、仕事はしっかりとバリバリ切り替えるというところでメリハリのあるキャリアウーマンとしては有能です。
IMG_6610

▲立膝で食事しちゃダメです! (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

すずに対しては姉御肌で自身のだらしないところも見せてあっさりと心をつかみます。
このへんがサチ姉と違うところですが、後述する千佳ほどすずとの距離は近くない気もしますね。

加瀬亮演じる上司とは営業で行動をともにし、融資の営業の闇の部分や辛いところも目にします。

具体的に彼女が仕事に関与していくことは描かれませんが、描かないからこそ佳乃が仕事の意味を自分の中で消化していくのがよくわかりました。

親がいなく、彼氏とも別れた佳乃にとって、彼は甘えることができる光のような存在だったんでしょうね。
IMG_6619

▲加瀬亮が演じる上司は絶妙なさじ加減の雰囲気。ダサくもなく決めすぎでもなく、これが仕事ができる男ということなんでしょう。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

花火を眺める佳乃を後ろで見守る加瀬亮の姿を見ていると、気になる矢印は彼から出ていたような気もします。後日譚があれば2人の行く末は気になるところ。

実は一番大人な三女・夏帆

三女の千佳を演じたのは夏帆。彼女は父親の記憶がほとんどありません。
ほんわかふわふわした空気を醸し出していますが、すずを含めた四姉妹の中で最も大人なのは彼女だと思います。
姉の険悪な空気を察知して間に入ったり、すずに家のことをさりげなく教えたり。
すずとは最も一緒に過ごす時間が長く、一番信頼されているような描写でした。歳が近いというのもあるんでしょうけど。
「千佳の真似してご飯をかきこむのはやめなさい」
サチ姉にすずがたしなめられるシーンがありましたが、すずと千佳の近さを感じました。
IMG_6614

▲2人でカレーを食べる場面は、すずとの距離を縮めた名シーン。すずの立場に立って自然な形で寄り添えるお姉ちゃんです。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

すずが加入した地元のサッカーチーム「オクトパス」のサポーター?として練習や試合を見守る千佳は、普段のすずを最も見ています。姉2人とは違うアプローチですずの心をつかんでいき、すずが初めて体験することには必ず助言をさりげなく与えていました。

情報を与えるという意味では、視聴者に作内の世界を説明する役としても機能していたと思います。
妹ができたということもやっぱり嬉しかったのかな。
責任感が強すぎる長姉と奔放な次姉を見て、自分がどのように振る舞えばいいのかわかっているんでしょう。
すずだけではなく、母(大竹しのぶ)に対する態度も一番しっかりしていました。親からすると嬉しいはずです。
IMG_6612

▲二ノ宮さんの食堂での一コマ。千佳はメニューをなかなか決められないのが可愛い。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

常に相手のことを考えて行動できる千佳は、背負い過ぎてしまうのではないかとも思えるくらい。
でも彼女は、色々な周りのことを流したり消化できるだけの器量を持ち合わせているんでしょうね。姉に甘えるところは甘えて、本当によくできた三女でした。

心を開いていく四女・すず

広瀬すずが演じたすずはこの物語の主人公とも言える存在。まだ幼さが目立つ彼女は、新しい環境で不平不満を一切口にすることなく馴染んでいきます。

この作品で好きだったのは、彼女に対して学校でいじめやハブきがなかったこと。
親元から出て、姉たちと暮らす家族構成のすずはきっと周りには奇異に映ったはずです。ましてや思春期の中学生。

それでも風太(前田旺志郎)をはじめとしてクラスメイトたちは彼女を自然に受け入れました。いい仲間たち!

IMG_6626

▲「浅野……!」帰り際に口ごもる風太くん。頑張れ! (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

サッカーチームで活躍するすずに関してですが、左足を使ってドリブルするなどなかなか上手かったです。撮り方が良かったのかな。
女の子が着るATHLETAはいいですね!玄関でソックスを脱ぐ仕草にも部活時代を思い出しました。
香田三姉妹とは父親が一緒のすず。すずにとっては最後の肉親でしたが、亡くなってしまいました。
ただ、香田家にとって父親は家庭を壊した人という位置付けです。
だから彼女は姉たちになかなか父の話を切り出すことができませんでした。
そんなすずに、千佳はカレーを食べながら「今度お父さんとの思い出を聞かせてね」と話します。
盛り上がりに欠ける本作においてこのシーンは最も琴線に触れました。結局すずがお父さんの話をすることは描かれなかったものの、あとは見る人の想像に任せたよ、というポジティブなつくりが感じられました。
IMG_6611

▲最初は心を開かなかったすずでしたが、人の優しさに触れたことで少しずつ素を見せていきます。 (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

父が病に倒れてからは「甘える」ということを知らなかったであろうすずは、三姉妹と馴染んでいくことで甘え方を覚えていきました。
作品の序盤は一人で部屋にいるシーンが目立ちましたが、時間が経つにつれて居間で3人といる場面が増えていきます。

映画が終わったその先は、さらに四女として心を開く場面が増えていくんだろうな、そんなことを感じられる緩やかな曲線を描き、彼女は馴染んでいきました。

見る人の多くがどきっとしたであろうバスタオル越しの全裸解禁は、彼女の開放感を表す象徴的なシーンだと思います。

IMG_6618

▲長女と次女のテイストの違いよ… (C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

鎌倉を舞台にした作品ということで、江ノ電、しらす丼、アジフライ、海岸と地元らしさを前面に出しています。
最近は観光地としてさらに人気が出てきた鎌倉ですが、人が少ない平日などにサイクリングでロケ地を巡ってみても面白そうですね。
山場がなく、ストーリーで感情に働きかける部分はほぼありません。
また市井を描いているかと言われれば、女だらけの生活という少し特殊な環境のため疑問符がつきます。

 

でも、美しい四姉妹がみずみずしく躍動する、こんな綺麗な生活があってもいいと思うんですよね。綺麗の裏には色々な家庭的事情が含まれていますが、是枝監督はその事情を悲観的にならずに描き、我々に彼女たちの未来予想図を与えてくれました。

梅の木や梅干しの熟成、味噌。柱に刻まれた身長測定の跡。
これまで家が経てきた歴史を大事にする描写が目立ち、それは家族の縁を大事にすることにつながるのかなと思います。
続編が見たくなる美しい作品。
映像美もさすが是枝監督でした。

★★★★★。

スポンサーリンク