映画『アフロ田中』〜堤下敦は必見です〜

『スイートプールサイド』で衝撃を受けた松居大悟監督の『アフロ田中』を鑑賞しました。

2012年、松田翔太、佐々木希。

堤下が良いぞ

漫画が原作ということもあり、正直なところストーリーは予定調和。アフロの松田翔太の妄想モードと現実モードもまあ想像の域を出るには至らなかった。
ただし、この作品はキャラクターがとにかく良い。松田翔太演じる田中の友人たちに堤下敦、田中圭、遠藤要、駒木根隆介。

ドヤ顔満載の田中の周りで存在感を放つ良きおっさんたち。歳を取ってもこうやってバカできる友人がいるっていいよね。

▲田中の友人を演じた堤下(左から2人目)に拍手を! (C)2012 のりつけ雅春・小学館/「アフロ田中」製作委員会

スポンサーリンク



特に堤下が良かった。困ったような怒ったようなマジ顔。
堤下のような人材をネタキャラではなくしっかりとした配役に当てはめたのは現実的で上手い。

あとは佐々木希。可愛い。これぞ可愛さ。例によって演技は上手とは言えないのだが、コミカルで妄想チックな田中のシーンと合致している。感覚でいうと『風俗行ったら人生変わったwww』に近い感じなのかな。でも『風俗』と違ってだらしないところがほとんどない天使モード。
だからこそ田中にはハードルが高すぎた。こればっかりは仕方ない。

▲佐々木希は完全な天使モード。すなわち可愛い。 (C)2012 のりつけ雅春・小学館/「アフロ田中」製作委員会

力の抜けた童貞作品としては定番。もう一捻り欲しかったけど、じゃあどうすればよかったのかと聞かれれば難しい。

松田翔太の演技にドラマ『ドン・キホーテ』の香りを感じたのは僕だけか。

★★★★☆。

スポンサーリンク