映画『名探偵コナン 紺青の拳』〜園子ファンの僕が大歓喜!とはならず〜

2019年の劇場版コナン『紺青の拳(フィスト)』を観てきました。
通算23作目となる本作は、シンガポールを舞台に怪盗キッドと400戦無敗の高校生空手家・京極真がキーパーソンに。

キッドのことを崇め、一方で京極とお付き合いをしている鈴木園子がメインキャラクターとして描かれている作品でした。

作品解説はこちらのeiga.comさんから引用させていただきます。

劇場版シリーズでは初めての海外となるシンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎と事件が巻き起こる。コナン宿命のライバルでもある「月下の奇術師」こと怪盗キッドと、これが劇場版初登場となる空手家・京極真が物語のキーパーソンとなる。19世紀末に海賊船とともにシンガポールの海底に沈んだとされるブルーサファイア「紺青の拳」を、現地の富豪が回収しようとした矢先、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生。その現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。同じころ、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦するため、毛利蘭と鈴木園子が現地を訪れていた。パスポートをもっていないコナンは日本で留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの手により強制的にシンガポールに連れてこられてしまう。

(出典:eiga.com

監督は昨年の立川譲さんからまた代わり、永岡智佳監督になりました。
2016年の『純黒の悪夢』のキュラソーや、翌年の『から紅の恋歌』の紅葉のような主人公級の映画オリジナルキャラは出てきませんが、前述の京極真が劇場版初登場。

園子やキッドとともにキャラクター描写の強い作品となっています。

過去の劇場版鑑賞記録はこちら。

『ゼロの執行人』
『から紅の恋歌』
『純黒の悪夢』
『業火の向日葵』
『異次元の狙撃手』
『11人目のストライカー』
『漆黒の追跡者』
『戦慄の楽譜』
『探偵たちの鎮魂歌』
『紺碧の棺』
『銀翼の奇術師』
『迷宮の十字路』
『天国へのカウントダウン』
『瞳の中の暗殺者』
『世紀末の魔術師』
『14番目の標的』
『時計じかけの摩天楼』

スポンサーリンク



『紺青の拳』を観る上で必要な予備知識

今回の劇場版は、原作の延長線上という位置付けがかなり色濃く出ています。
言いかえると、通常のストーリーをある程度知っていることが必要ということです。

まず、京極と園子がお付き合いをしているという前提。これは大前提といってもいいでしょう。

京極さん?誰?ってところから入ると、単純な空手の強いお兄ちゃんの物語で終わってしまいます。

人間を超越したレベルで強く、優しい京極さんが、なぜキッドのことになると顔を赤くして怒るのか。
その理由は、園子がキッドのことになると「キッドさまぁ〜(ハート)」とメロメロになることに妬いているからです。京極さんにも男子の心がある可愛い部分ですね。

最強空手家・京極真(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

一方で、キッドもキッドで京極さんと原作でやり合った際に少なからずダメージを負っているため、京極に対して「あんにゃろう…」という思いはあります。
この劇場版でも多少キッドと京極さん、そして園子の背景描写はあるものの、ここの三角関係みたいなものは知ってから鑑賞した方がキャラクター理解や感情移入がスムーズに運ぶと思います。

ナイトプールで流し目をする蘭姉ちゃん(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

もう一つは、蘭と新一について。
今年1月12日に放送されたアニメのエピソード「紅の修学旅行」でついについについに、蘭ちゃんと新一が恋人になった件は社会的にも大きなニュースになりました。
作内ではわずかな時間とはいえ、こちらの世界では23年越しの告白。

この『紺青の拳』ではキッド扮する工藤新一がほぼずっと蘭ちゃんたちと一緒にいるわけですが、夜景を見ながらプールで蘭ちゃんに誘われたキッドの新一は軽く狼狽します。視聴者の皆さんも二人は付き合っていると知っていて、その前提をキッドだけが知らないと思わせるシーンでしたね。

狼狽する新一…ならぬキッド(快斗)(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

全体的に起承転結がはっきりしない作品でしたが、蘭ちゃんと新一の部分に関しては最初とオチで流れが完結していたと思います。
園子に負けないくらい今作の蘭姉ちゃんには、女を感じました。キャラデザや仕草も。ここは監督が変わった効果でしょうか。

以下、本記事はネタバレを含みます。
未見の方はご注意ください。

拭えない消化不良感

本題に入りましょう。

僕がコナンの登場人物で一番好きな女性は、昔から園子です。
哀ちゃんも和葉も歩美ちゃんも蘭姉ちゃんも好きですが、園子に対しては少し次元が違うレベルで好きです。一択。

今回は園子がメインにフィーチャーされた作品ということでいやが応にも期待は高まっていました。
『から紅の恋歌』で見せた平次と和葉の素晴らしいラブコメ。園子もあの境地に京極さんと行ってくれたらと思うと、親心と恋心が半分こになったような気持ちで僕は映画館に向かいました。

2時間後。

良かったんですよ。良かったんですけど、何か違うなという消化不良が拭えませんでした。
何故でしょう。その理由を悶々と考えてみます。

コナンはまたしても引き立て役に

昨年の『ゼロの執行人』がかなりソリッドで難解な展開を見せた反動からか、今年の作品は謎解きやサスペンス要素がかなり低レベルなものになってしまいました。
駄作との呼び声が高い『紺碧の棺』に、真犯人のわかりやすさも、全体的な動機のまずさも匹敵するレベルかと思います。

江戸川コナンがアーサー平井なる、江戸川区平井の方面が反応しそうな偽名の偽名を名乗り、主人公の名前(コナン)が劇中でほとんど出てこないという展開はまあいいです。仕方ないです。

アーサー平井と名乗る色黒コナン(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ただ、自慢の武器を奪われるなどキッドに圧倒的な主導権を握られ、新一に扮するキッドと蘭姉ちゃんのイチャイチャを見せつけられるだけに甘んじているコナン。
名前を呼ばれない彼に電話で「アナタ」と呼びかける灰原哀さんの素晴らしさは言うまでもありませんが、過去2作に続いてコナンが少し愚鈍に映ってしまったのは残念でした。

またキッドはキッドで鮮やかな活躍とは言い難く、主人公たちの爽快感という点ではかなり見劣りしてしまいます。

そりゃピンチになるよね

園子の話に移ります。

今回の園子は口癖である「ヘーキヘーキ!」に代表される気丈な一面と、か弱い一面が同居したキャラクターとして描かれていました。
このへんは『から紅の恋歌』での和葉と流れが一緒です。

ただし紅葉というライバルキャラクターが配置され、自身を見つめ直したり困難を乗り越えたりした和葉に比べて、本作における園子の描写は物足りないものとなってしまいました。

暴漢に絡まれて京極に助けられるシーンが印象的でしたが、その後に勝手な個人行動をして自らをさらに危険な目に晒してしまった彼女には、残念な印象しかありません。
園子の危機に、京極は自責の念に駆られてしまいます。果たして本当に彼のせいなのでしょうか…?

自分の拳(強さ)が園子を危険な目に遭わせてしまっていると考えてしまう京極さん(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

事件に巻き込まれてコナン(新一)に助けられることが多い蘭姉ちゃんと違い、本作の園子は自分の蒔いた種でピンチに陥っています。
同じく海の荒くれ者に絡まれてしまう『紺碧の棺』では、「私の背中は任せたよ!」と言って蘭とともに立ち向かう姿が描かれていましたが、今作ではそれすらもありません。

『紺碧の棺』でも同じようなシーンが(C) 2007 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

怖いもの知らずな性格で、時には窮地に晒されてしまうのは確かに園子の大事なキャラクターなのですが、描写として少し極端すぎるかなとも思いました。
こんなに内向きになってしまう性格でしたっけ…?

僕の知っている園子は、辛い時でもどうにかなるわよ精神で強運をつかみ取るポジティブな女の子なのですが、恋愛相手が介在すると変わってしまうのでしょうか。

守られているばかりでは

これは完全に僕の個人的な印象なのですが、作品全体に「園子を京極が守ってあげる」という概念がずっと貫かれている気がしました。

前述した『から紅の恋歌』で、和葉は平次に助けてもらうばかりではなく、自らが平次を助けることもありました。
だから僕はあの作品に感動したし、今でも良い映画だと思っています。

目に涙を浮かべて叫ぶ園子(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

『紺青の拳』では園子は守られてばかりで、京極に対して何かヘルプに回ったことがあったかと言われると疑問が残ります。
か弱いという言葉は不適切かもしれませんが、この視点が永岡監督の考えた園子像なのでしょうか。

鈴木園子の新しい一面というのはこの映画からは見えてこなかったです。個人的には。
もっと園子の内面にフォーカスして、普段海外で鍛錬を積んでいる京極に対してどんな思いを持っているのかとか、蘭と新一が楽しそうにしているのを見てどんなふうに思っているかとか、彼女の独白があっても良かったのではないかと思いました。

ミステリー要素を排除してキャラクター描写に時間を割いた分、もっとできたと思うのですがどうでしょうか?

良かったところ

逆に園子を守る強い男として描かれた京極は、メンタル面の弱さを垣間見せつつも、圧倒的な力を見せてくれました。
もはや人間じゃないですね。北斗の拳かサイヤ人かっていうレベル。ついにコナンにも特殊能力を用いるキャラクターが出てきてしまいました。

そんな京極に「決して離れないでください」と自らのベルトで縛られておぶわれた園子。
ベルトを外されて赤面しながら何か別のことを考えて発情している彼女はとても可愛かったです。

園子に限らず、この作品では女性キャラがさらに女っぽく艶やかに描かれているのが印象的でした。キッド新一にデレデレしていた蘭姉ちゃんも然り。

男児をたぶらかす魅力的なお姉ちゃん…!(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

数年前までは考えられないくらいに、本作の蘭と園子には女を感じました。ここはとても良かったと思います。

各所で言われていましたが、カチューシャを外した園子を観られるのも本作品の大きなポイント。
前髪を下ろした鈴木園子はとてつもなく可愛いです。まばたき厳禁。しっかりと見届けてあげてください。

あとは京極と空手の大会で対戦したがっていたレオンのボディーガード(名前忘れました)も好きでした。
彼のようにまっすぐな競技への情熱、強さの追求をしている人は悪者には見えませんでしたね。

総合的には★★★☆☆。
アクション◯、ミステリー×、ラブコメ△、京極さん◎。
もうちょっと工夫できたんじゃないかなというのが、正直な印象でした。

スポンサーリンク