映画『味園ユニバース』〜渋谷すばるの魂を聞け〜

2015年公開の『味園ユニバース』を鑑賞。
大阪の千日前にある実在のユニバースが舞台。主演・渋谷すばる。山下敦弘監督。

スポンサーリンク



僕は好きになれなかった…

 

主演の渋谷すばるにアイドル色がなく、記憶が戻る前と戻った後の声色が違うのは良かった。

関ジャニ∞の渋谷というよりも、短髪のそこらへんのお兄ちゃんって感じ。

▲セーラー服もそうだけど2014年にしてはあまりにもレトロな設定。衣装の古着が面白い。 (C)2015「味園ユニバース」製作委員会

セピアがかった撮り方とか、携帯電話がほとんど出てこないこととか、二階堂ふみが着ているジャージが「RUNBIRD」だったりとか、時代設定が古いのかと思いきや2014年設定。

レトロな異国情緒溢れる作品になっている。

音楽が好きな人にとっては面白い作品かもしれない。

音楽スタジオの経営者という立場からバンド「赤犬」に協力するカスミ(二階堂ふみ)と、「赤犬」に見初められたポチ男こと渋谷すばる。

赤犬とポチ男にとって大事な歌も絞られていて、単に音楽やってます感をアピールする類の作品ではなかったと思う。

ただし、ストーリーとしては退屈で、ポチ男とカスミと赤犬のライブという3つの要素に予想以上のことは起きず。

▲「赤犬」の面々とカスミ(二階堂ふみ)。二階堂ふみはそこらへんのお姉ちゃん感が凄い。 (C)2015「味園ユニバース」製作委員会

 

ポチ男との距離感

そしてポチ男の過去の炙り出し方や記憶が戻ってからのストーリーが弱い。

ただ、これはポチ男を慮りカスミたち周囲が踏み込まなかったという捉え方もあるので、所詮他人という考え方ならわかる。
限定的なカスミの世界に突如現れた闖入者。

彼を適切な距離を置いた上でカスミは受け入れた。恋愛とか家族の絆とか、そういうのはなくて、なかば事務的に。だからポチ男。私の犬。

がゆえに、最後のカスミの笑った顔が引き立ったと思う。

▲鈴木紗理奈が指南役のお姉さんにハマり役。この映画だと二階堂ふみが妙に幼く見える。 (C)2015「味園ユニバース」製作委員会

面白いか面白くないかで言えば、正直そんなに面白くはない。かといって現実感もそんなにない。

終盤は色々と視聴者の想像に委ねるところも多い。周辺の環境は面白いだけに主人公が雑だったかな。

★★☆☆☆。

ちなみに上映当時から知っていたんだけど、『恋の渦』でユウタを演じた松澤匠が出演していたのは嬉しかった。
しかも思っていたより重要な役でなお嬉しい。

小物臭が漂うキャラクターではあったけどDQNユウタの時よりチャラかったです。

スポンサーリンク