映画『ラヴァーズ・キス』〜チャラ男の成宮寛貴から衝撃展開〜

03年公開の映画『ラヴァーズ・キス』を鑑賞。原作は吉田秋生のコミックス。

及川中監督。出演は平山綾、宮崎あおいら。
※観る予定のある方は是非とも鑑賞後にご覧いただきたいと思います。大量にネタバレします。

ほとばしる駄作感。なのだが…?

舞台は鎌倉・稲村ヶ崎。江ノ電が走る、いわゆる神奈川県外の人たちがイメージする湘南である。
山あり海あり難攻不落の鎌倉さん。

さて、冒頭からBGMが少々主張が過ぎる。主演の平山綾はリカコという女子高生。

ある日の夜、浜辺で海から上がってきたイケメン&いかにもチャラ男な藤井朋章(成宮寛貴)といい感じになると、翌日の学校で彼女をやっかむ女子から陰口を叩かれ、ヤッてもないのにヤッてると言われるのならいっそのこと、ってわけで藤井とホテルへレッツゴー。

物哀しさを埋めるかのような無表情なリカコに藤井は可哀想だと言い放ち、プライドを傷つけられたリカコは本気で藤井のことが気になりだしましたよ。というお話。

お顔に自信のあるビッチ女子にありがちの展開。はぁ。
IMG_6798

シネマトゥデイさんから転載

平山綾も成宮寛貴もあまりにも棒読みが酷い。懐かしの石垣佑磨がちょろっと出てきたが、彼も非常に浅い。3人とも好きなんだけどね。

始まりの長回しや、藤井とリカコの邂逅シーンにおいての強すぎる青い光も手伝って本気で見ることをやめようと思った。
なのだけど。

スポンサーリンク



3通りのカップリング

シーンが変わり、突然として主眼は高尾(石垣佑磨)に。寺の息子…なのか。ふうん。

関係を一度整理しておくと、
リカコ(平山)とその親友の美樹(市川実日子)、そして藤井(成宮)が同学年。
下の学年にリカコの妹のエリコ(宮崎あおい)、高尾(石垣)、緒方(阿部進之介)。高尾は中学時代に藤井とバスケ部で一緒だった。

高尾主眼の章の次はエリコが主眼の章という風にオムニバス形式を取っていて、藤井とリカコが校内で話すシーンなどを多角的に再生していた。

そんな何度も巻き戻すほど重要なシーンなのか…?
寝転がりながら僕は眼を細める。

前述したように第1章は退屈きわまりなく、石垣佑磨と成宮寛貴の会話も棒読み、いや、なんかゲイの会話に見えてきた。
特に石垣。
そしたら。
そしたらだ。

高尾が好きなのは藤井先輩だと。

⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎

しかもいつも高尾と一緒に行動してるノッポの関西弁・緒方は高尾のことが好きだと。
なるほど、だから緒方は会う度に藤井に突っかかってたのか。うんうん。っておいおい。

⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎

さらにリカコの妹・エリコは美樹のことが好きで、美樹はリカコのことが好きだと。

介在してるのはlikeじゃなくてlove。

つまり、
エリコ→美樹→リカコ
緒方→高尾→藤井
と片思い×4人。しかも全部対象は同性。

凄い。なんだこれは。
ネタバレになってしまいました。申し訳ない。

広がる考察の可能性

『ラヴァーズ・キス』で検索すると、昨年公開された『海街diary』とリンクしているようである。原作者が同じ、鎌倉が舞台。とっても解釈の広がりそうな作品だった。

原作を知らないのも幸いしたかな。

棒読み演技の嵐すら気にならないほどの興味深い一本でした。リカコの配役は確かに演じ方がとても難しそう。ただ、平山綾がめちゃくちゃ可愛かったです。

衝撃のマイナス50点からのプラス130点。
★★★★☆。

スポンサーリンク