映画『奈緒子』〜貫禄の鶴瓶に拍手を〜

上野樹里主演の『奈緒子』を先日観た。古厩智之監督。08年、共演に三浦春馬、笑福亭鶴瓶。

■給水にスポットライト

舞台は『風が強く吹いている』同様駅伝。走り方や、転んでもなお追いついたりというあたりは『風が…』同様リアリティに欠けている。

酷評した『風が…』よりも良かったのは鶴瓶の存在。歳を重ねた貫禄というべきか、映画がぐっと落ち着いた。

合宿のシーンはやはり必要。

駅伝という競技の性格上、一人一人のランナーの物語を描くのはマストになってくると思うんだけど、全部が全部中途半端になってしまったかな。もう少し主人公2人に時間を絞ってもよかった。

上野樹里は悪くなかったし、三浦春馬も無垢な好青年を演じるのが上手。
給水っていう部分に焦点を当てていたのも良かった点。

評価は★★★☆☆。『風が…』と比べると作り物感が落ちて気持ち良く鑑賞できた。

上野樹里
2008-07-11


スポンサーリンク